SHIOTANI

ウォータージェット

はつりに、表面処理に、
絶対の自信
多くの現場で活躍しています

ウォータージェット(WJ)工法とは、超高圧水の噴射によって、
はつり・目粗し・塗膜剥離・洗浄などを行う工法です。
高精度な施工の実現、マイクロクラックの抑制、騒音・振動が低減できるといったメリットから、
幅広い分野の土木・建築工事に採用されています。

ウォータージェット工法の特長

高精度・低騒音

ウォータージェット工法は、対象部位にしぼった高精度な施工が実施できる、
脆弱化を誘発するマイクロクラックの発生を抑制する、
騒音・振動・粉塵が少なく環境負荷が低減できるなどの優れた特長があります。


協会認定の高度な技術

日本ウォータージェット施工協会・日本建設機械化協会に加盟し、
高度な専門技術を有する作業員の育成、工事の水準と効率を上げる設備機器の
導入、管理体制の構築を図っています。


豊富な施工実績

塩谷建設では年間平均約20,000㎡という、北陸トップクラスのウォータージェット工法施工面積を実現。
あらゆるケースに即応できる豊富な実績を積み重ねています。

表面処理

ロータリーガン

ノズルヘッドを高速回転させながら超高圧水を噴射し、目粗し・塗膜剥離・洗浄といった表面処理を行います。噴射パターンが選定でき、目荒らしの場合は脆弱部を除去し凹凸を確保して接着性能を発揮する処理面に、塗膜剥離および洗浄の場合は塗料や汚れを除去して塗装や化粧材貼付がしやすい処理面に仕上げることが可能です。

目粗し

  • ・道路床版部の補修工事
  • ・橋梁の耐震工事
  • ・トンネルのコンクリート片剥落防止工事
  • ・ダム導水路補修工事
  • ・水路補修工事
  • ・防水防食補修工事

塗膜剥離

  • ・橋脚・箱桁内面のエポキシ樹脂の剥離

洗浄

  • ・プラントのタンク内壁の洗浄
  • ・トンネルの明色化

アクアセルローター

カップのなかでノズルヘッドを高速回転させながら超高圧水を噴射し、塗膜剥離や洗浄といった表面処理を行います。すべての施工がカップのなかですませられることに加え、バキューム装置で吸引するので水や基材の飛散がありません。住宅やビルが建ち並ぶ場所、人や車の往来が多い場所における施工に適しています。

塗膜剥離

  • ・歩道舗装面のタイルの剥離
  • ・ビル外壁タイルの地下処理

洗浄

  • ・ビル外壁のタイルの洗浄
  • ・壁・塀の落書きの洗浄

はつり

ハンドガン

作業員がノズルユニットを直接把持してはつりを行います。ノズル形や水圧にあわせて、移動速度や噴射角度が微調整でき、より細密にはつれるため、複雑形状部はもちろん、ロボットはつりにおけるデッドエリア処理や二次補正にも適しています。

施工例

  • ・浄化槽防食下地処理
  • ・梁耐震補強下地処理

サイバージェットロボット

主に床版上面部のはつりを行います。床版はつり用のフレーム式や橋脚はつり用のガイドレール式があり、いずれもいちどに広くはつれるため大規模な施工に適しています。構造物や部位にあわせて移動速度や噴射角度が選定でき、安定した施工品質を効率よく得られるのも利点です。

施工例

  • ・道路床版部のはつり・深はつり
  • ・橋脚・橋桁床版部のはつり・深はつり
  • ・壁面・のり面のはつり・深はつり
  • ・トンネル脆弱部の除去
  • ・グースアスファルトの除去

XY軸ロボット

主に床版下面部や狭隘部のはつりを行います。対象部位にがっちりと固定したうえで、X軸方向・Y軸方向にはつれるため、構造物の下端部や壁面部、橋桁端部や橋梁支承部における大規模な施工に適しています。

施工例

  • ・橋桁下端部のはつり・深はつり
  • ・トンネル天井部のはつり・深はつり
  • ・ビル床下端部のはつり・深はつり
  • ・橋桁端部のはつり・深はつり
  • ・橋梁支承部のはつり・深はつり