SHIOTANI

コケ緑化

屋上にみどりの節電対策を
苔が環境対策素材に

耕作放棄地や休耕田で栽培した「スナゴケ」を使用し、建物の屋根・屋上・ベランダなどを緑化。
地球温暖化防止効果を発揮し、空調コスト削減等にも貢献します。低コストで高機能、
その上お手入れも簡単。「建設業」と「農業」をリンクさせた、塩谷建設の新たな取り組みです。

コケ緑化効果

  • 緑化による企業のイメージアップ
  • 工場に必要な緑地面積へ算入可能
  • ヒートアイランド現象の緩和
  • 熱中症防止効果
  • 空調コスト削減
  • 地球温暖化防止効果
  • 建物の劣化防止効果
  • 安らぎ空間の創出

コケ緑化の特長

コケ緑化に使われる「スナゴケ」は日光を好み、−20℃〜70℃の寒さ・暑さに耐え、
自重の20倍もの水分を蓄えられるスナゴケは、緑化に必要とされる多くの特性を兼ね備えています。
その力強い生命力と順応性により、屋根や壁といった厳しい環境でも自生でき、
緑化・断熱材として優れた性能を発揮する、素晴らしい能力を持つ植物です。

水やり不要

コケ植物は自重の20倍もの水分を保つことができ、さらに保湿性にも優れています。そのため水やりは不要です。

取付簡単

専用金具、接着を使用して、簡単に屋根・屋上に取付けることができます。

省エネ効果

コケは、CO2の吸収、直射日光を遮り、建物内部の空調の省エネ効果ががあります。

緑地面積算入可能

屋根・屋上に設置した場合、敷地面積の5%まで算入が可能です。